◆よくある質問

Q 版画でも鑑定してもらえますか?
Aはい。 もちろん版画でも鑑定をいたします。
Q 現存作家の作品でも鑑定をしてもらえますか?
A はい。現存作家の作品でも鑑定をいたします。ただ可能であれば最初にその作家に問い合わせることをお勧めします。それが何かの事情で無理な場合に此方へご依頼をしてください。
Q 自分がその作品を所有していなくても鑑定は可能ですか?
A はい。こちらは鑑定を私的な意見として出していますので所有権のない作品でも可能です。ただし所有権のない作品には鑑定書を発行出来ません。
Q 家にある骨董品を鑑定してほしいのですがパソコンに詳しくないので画像を添付して送れません。カメラで撮った写真を送っても鑑定は可能ですか?
A はい。もちろん可能です。当鑑定団まで写真をご郵送してください。鑑定費用は一点500円。5枚以上だと一点400円で画像を送っていただくのと同じです。
Q 古いブリキのおもちゃも鑑定してくれますか?
A おもちゃ関係の鑑定は申し訳ありませんが対象外とさせていただいています。
Q 真作と判断された場合、ちょこっと鑑定団の鑑定書を発行してもらえますか?
A 鑑定書を発行する場合は所有する美術品に限らせていただきます。つまりその作品の所有権を証明するもの(作品の領収書等)があれば可能です。先祖代々のものなので領収書等がない場合には「所有者は私で間違いありません」という覚書を提出していただきます。また鑑定書を発行する場合の費用は一点3000円となります。通常の鑑定機関の鑑定書の発行費用はだいたい一点につき1万円~8万円なので格安です。
Q 鑑定だけでなく評価見積りもしてもらえますか?
A 原則としてトラブルの要因にもなりますので評価見積もりはお断りをしています。ご自分が所有している作品で、何か大きな理由がある場合にはお問い合わせメールでご相談してください。ただし、買い取る場合にはもちろんお見積もりをお出しします。
Q 写真を撮るのが苦手なのでそちらに作品を発送して鑑定を依頼したいのですが可能ですか?
A 貴重な作品を運送途中に破損や紛失するなどの事故も考えられるので、作品を此方へ送ってもらうことは遠慮させていただいています。写真は写メールでも簡単なスナップでもけっこうなので、気軽に撮影して送ってください。
Q 絵の裏側に何か書いてあります。それも一緒に写真に撮って送りますか?
A 絵の裏側や外箱に付いているシールや文字などはとても重要な真贋の判断材料(資料)になります。お手数ですが全て撮影して送ってください。
Q ネットオークションのURLを送るということですが、URLとはなにかよく分かりません。身近に聞ける人もいません。どうすればよいでしょうか?
A スマホかデジカメでその作品のパソコンやスマホの画面を撮影してメールで head@500yen-kantei.com までご送付してください。またはプリントして郵送で送ってください。
ヤフオクなどでオークションIDが分かる場合はオークション名と作品名とオークションIDを教えてもらえればOKです。
Q ちょこっと鑑定団で真作と鑑定された作品が鑑定機関で贋作と鑑定された場合はどうなるのでしょうか?
A 鑑定機関は現物を預かって作品を鑑定するので鑑定の確度は高まります。ただし合議制で鑑定している権威ある鑑定機関は5人~10人のうち1人でも贋作と判断すると、その作品は贋作となってしまいます。多くの鑑定機関がこの形式を採用しています。つまり鑑定眼のない鑑定委員がいると、いとも簡単に真作が贋作になってしまうこともあります。こういう危険性を権威あるとされる鑑定機関には内包されています。つまり権威あるとされる鑑定機関の鑑定が絶対とは言えないのは事実です。
どちらを信用するかは作品の所有者が決めることになります。
Q 現物を見ないと正確な鑑定ができないという理由で鑑定不能になった場合、現物をちょこっと鑑定団に持参するか送付して現物を見てもらうことは可能ですか?
A 作品を移動させる場合にはどうしても破損、紛失のリスクが生じてしまいます。そのリスクを避けるために当鑑定団では恐縮ですが作品を此方で見ての鑑定はお断りしています。
Q ちょこっと鑑定団の休みはいつでしょうか?
A 年中無休です。ネットオークションやネットフリマも年中無休ですので、素早い対応を目指しています。